ゆううつなねこダイアリー 統合失調症

統合失調症を患いはや8年…経験してきたことを赤裸々に書いていきます

障がい者として生きる③

こんばんは。
猫です。

今日は疲れた体と頭を休めるかのように
ひたすら寝ていました。
でも「眠る」んではなく…
Twitterを眺めたりYouTubeを眺めていました。

でも…
いつも面白かったものにうまく笑えず…
本を読む気も勉強する気にもなれず…
何をするにもやる気が出ず…
ただ「雨の音」を聞いていました。

わたしの心は決壊し
「封じ込めていたもの」が
土石流のように溢れ出していました。

わたしはそれをなんとなく見守っていました。

ただ胸がズキズキと痛み続けていました。


ここまでわたしの心が決壊しているのには
昨日「とある結論」にたどり着いてしまったから。

わたしは「恋愛にトラウマ」があり
「カウンセリング」の予約を入れていました。

「相談」するために自分の心と向き合い
「考え」をまとめていました。

その時気づいてしまった。

「統合失調症」で「障がい者」である自分に強い強い…コンプレックスを抱いていたことに。

言い方が悪いですけど…
わたしにとってこの病気は「致命的なリスク」で
「欠点」でもあり
一生背負う「重い十字架」でしかないんですよ。

なので…「お付き合い」する人にも
必然的に打ち明けなくてはなりませんよね。
わたしと付き合うということは…「病気も理解して欲しいなー」と、伝えなければなりません。

でもわたしはそれが「たまらなく嫌でした」
「嫌で嫌で仕方なかった」

この「リスク」を打ち明けて「共に背負わせる」なんて「嫌だ」と思いました。
「重荷」になるなんてごめんだ。と思いました。

だからわたしの「恋愛」は次第に「軽いもの」や「気楽なもの」を求めるようになりました。

それでも若い時はそれで良くても…次第に「結婚」を考える年齢へとなった時
わたしの「恋愛のトラウマ」は悪い方へ開花してしまうのです。

「真剣なお付き合いの仕方」が分からなかった。

自分のリスクを打ち明けて共に十字架を背負わせる相手なんて、探したくなかった。

わたしと結婚したら…
支えてもらわなくてはならない。
ろくに働けないので養ってもらわなくてはならない。

そんなの…そんなの…いやだ。

そしてわたしは数人の男性と婚活しますが…

自分を受け入れてくれる人なんて居ないと
絶望しながら
この人なら受け入れてくれるのかも…と
期待し…
どうして!受け入れてくれないの!と
嘆いたんです。

それを繰り返し続けました。

これがわたしの「恋のトラウマ」です。

ここまででわたしは考えを一旦止めました。




でもその後…ふと気づいてしまった。

それは皮肉にも
「恋のトラウマを受け入れたことによって」
気づいてしまいました。

(いつから辛いと思っていたんだろう…)

そう、考え始めたことにより…

もしかしたら…
自分は…
幼い頃から…
ずっとずっと前から…
「統合失調症」で「苦しんでいた」
のでは?

と、疑問に思ってしまったんです。


遡れば…「小学生時代」から。

わたしは「障がい者」だった?
(医師の診察を受けていないので独断ですが)

でも…わたしは小学生の頃
「病院」にも受診していなければ
「専門的な治療」と「薬」を服薬することも
ありませんでした。

わたしは小学生の頃、家庭の事情で「不登校」でした。
元気が出なくて無になり、よく学校を休んで家で眠り込んでいました。
でもたまに登校すると元気で友達もそれなりに居て、イジメとかはありませんでした。

ただ、この「生き方」をよく
「甘えるな」と怒られていましたし
後ろ指もさされてきました。

だから…
もしわたしがその時から
「統合失調症」だったのなら…

「もっと早く病院連れて行ってほしかった…」

幼い頃のわたしを「守って」ほしかった。

こんなこと今更「誰に」
言えばいいか分からないけど。
「愚痴」も「恨み」もないけど。

それでも今わたしの心は泣いてるんだ。


改めて気づいた自分が抱えていた「病気」への強いコンプレックス。
更にそれを他人と「共有」することへの抵抗感。

そして幼いころから「片鱗」があり「生きづらかった」年代に「もっと早く病院で適切な治療」を受けていれば…という強い「後悔」の念に押しつぶされそうです。

さらにその上を
それでも「こんな自分」を抱えて
生きてく「現実」の厳しさと重さに…

「負けるものか…」と。
歯を食いしばっています。

わたしには今「家族」をはじめ「友人」や
「担当医」の方、理解のある知恵を貸してくれる人がたくさん居ます。

いけないと思うのは
自分の「狭い視野」の中で判断したり
行動すること…

特に今みたいな「落ち込んでいる」とき。

なので今日は
ゆっくり休もうと思います…。

いつもありがとうわたしの脳みそ…
コキ使ってごめんね。
ゆっくり休もう…

そして…「統合失調症」を始め
あまり知られてない「精神疾患」が
少しでも世に理解されて
「その時にできた適切な治療が遅れてしまう」
なんてことが1人でも減りますように…と
願うばかりです。


コメントをくれたり
いいねをくれた方もありがとう…。
おやすみなさい
次は元気な姿でお会い(?)しましょうね