ゆううつなねこダイアリー 統合失調症

統合失調症を患いはや8年…経験してきたことを赤裸々に書いていきます

治療中に大変だったこと(後期編)

大型台風こわっ…こわっ…

えっ怖くない?w

 

 

みなさんこんにちは!

今日辺りから噂の大型台風が

日本に直撃し始めましたね

備えは大丈夫でしょうか?

無理な外出はせず身を守りましょうね!

 

「別にw晴れとるやんw」

とか、余裕こいてましたが

次第に雲行きが怪しくなり

雨風が強くなりはじめ

ベランダの竿を下ろし

飛んでくようなものを閉まったり

懐中電灯や充電器を用意し始めた

ビビりな憂鬱な猫です^._.^はいw

 

台風こわいよー(だが土日出勤の猫であるw)

 

さて、今日は何をお話ししましょうかね…?

逆に聞きたいことや

質問があるとブログも書きやすいのですが

何から話そうかな…と悩みます!

(もし読んでくださる方がいれば

コメントに感想や一言くださると喜びまする…)

 

そうですね

今までのブログの流れ的に

話が逸れていた「治療後期編」を

お話ししていきましょう

(後期編は少し長くなるかもしれません…回復し始めてからが本当の戦いになると思いますゆえ)

*復帰編と分けました。

 

後期編…つまり

ある程度、症状が落ち着き

感情も戻り話せるようになる頃です(流石に流暢とはいきませんが)

マンガやアニメを見たり

ゲームなどできるようになる

1部の人とならコミュニケーションを取れるようになる

1人でも軽く散歩や買い物など外出できるなどでしょうかね〜

 

そこら辺で

そろそろ頭にチラつき考えはじめることが

ずばり「社会復帰」でした!

 

ずっと家に居ると

やる事も人とのコミュニケーションも限られるので飽きてくる…というか

焦ってくるとうか複雑な心境ですね

(あと自由に使えるお金もないですし)

働きたいという気持ちが次第に強くなりました

 

そこでわたしは思い切って大手企業で短期のアルバイトをはじめました!

でも今考えると有り得ませんが

クローズの一般枠ですよ…ないわw

よくできたなwとしか思えないw

(ちなみに家族は心配はしたものの反対はしませんでした。やはり働けるなら働いて欲しいんでしょうね)

 

そして働きはじめて痛感したのが(今振り返ると)

認知機能がまだまだうまく働かないということ。

 

f:id:yuutunaneko:20191105203102p:image

 

上司に指示を出されます

その指示を頭の中で処理するのが極端に時間がかかるのです…(なので恐らく飽きれられていたでしょう)

ですが短期アルバイトだったこともあり

当時はまだ若かったので

なんとなく許されていましたね…(会社の方にはご迷惑だったはず申し訳ないです)

 

「上司の指示を頭の中で処理する」

当たり前のことなんですよね〜

普通はパッと理解して行動すると思いますが…

当時のわたしは

「指示」に戸惑い

考えること数分…

さらにその「指示」から推測できる

上司の「考え」まで頭が働くことが出来ませんでした!

 

なので上司の方が次第に

わたしにすごく分かりやすく

砕いた単調な指示を出してくれるようになりました(もしかしたら何かしら様子がおかしいことに察し配慮してくれていたかも…)

(この子ちょっと障がいあるのかな?的な)

 

おかげですごく単調で何も頭を使わない

のんびりとお仕事をしていました…

 

ですが職員の人との交流では

表情筋がうまく使えず無表情になってしまい

さらに言葉も出てこず「ぁ…ぁ…(カオナシかw)」みたいなコミュニケーションをとっていました…w

さぞかし無愛想に見えたことでしょう…

 

あと言われて気づいたんですが

ある日割と可愛い服を着ていくと

「あなたそういう服装もするんだねぇ

その方がいいよ!

若いのに服装がいつも地味だったからねぇ」

と、言われたんです。

 

それまでわたしは服装なんて全く気にかけていなかったので

自分がそう思われていたことに驚きましたね(作業着みたいな服ばかり着ていました)

 

(統合失調症の人は無表情で服装に無頓着になりやすいそうです)

元々は服はむしろ好きというか…

オシャレは好きでしたが病気してから「服」という概念がなくなっていましたね

 

あと自分を鏡で見るといつも「誰だこいつは?!」

と思っていましたね

顔色が悪くゲソっとし

目の下にクマができて表情筋が死んだ女の顔に

ビックリするんですよw

割と表情はクルクル変わる方で

顔に出やすいタイプだったので

全く動かない無表情な自分を見て恐怖しました

(本当に能面みたいな顔してたw)

 

と、まぁ

はじめての復職はこんな感じでしたね

 

社会に出ると色々気づきがあります

それと同時に課題も多く見つかりました

 

例えば認知機能がまだまだ低いことや

コミュニケーション能力も落ちていること

つまり「リハビリ」が必要だったんですよ!

 

短期アルバイトだったのと

理解のある上司や職員に恵まれたので

のうのうと働くことができましたが

次第に時ともに

現実的な問題にぶつかっていくのでした…

 

続く。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます

^._.^